« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

手書きメモか。ちょっとおもしろそうだよな。

ものになるモノ、ならないモノ(50):タタミ12畳分の領域を「さあどうぞ、ご自由に」 (1/2) - @IT

これは「釣り」の表現でも何でもない。「NoteAnytime」を1カ月ほど使ってみてまじめに実感する、このアプリ最大の特徴なのだ。また、この広大な“敷地”をフル活用することで、iPadを「攻めの情報整理ツール」に使えると確信した部分でもある。

浮川社長というとJastSystemかな?と思ったけど、その名前は出てなかったな。
ただ、一太郎の名前は後半出てるんで、関係者だよね?

発想は面白いと思ったし、実際に使ってる人がいるんだから、使えるのかも知れない。

まあ、ワタクシはiPadは本読むか、健康器具だと思ってるので、メモ書きに使おうとか思わないけど。
んでも、実際にタッチパネルとか触ってると、これで字書けんのかなーとか思ったりしたわけですが。
※結構、プログラム的には困難じゃないかと思ったりした。

まあ、別記事でその辺のことが触れられてるようで。
やっぱり難しいのね。

ただまあ。
この発想は自然だと思うし、メモ書きするのにタブレットあるんだから、それ使いたくなるのは解る気はする。
キーボード使いにくいし。>iPad
※まあ、使えないほどではない。むしろ頑張ってる方か。日本語変換とか。

広い領域使って自由に書かせるってのは、まあ、メモリの限界がその辺なのかな、たぶん。
スクロールとか、ピンチ動作が重いと、これは使いにくいよね。

べた褒めってほどの記事ではなかったけど、可能性はあるんだろうな、この辺。
無料アプリみたいだし、話の種に、一度使ってみるのはアリかもねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全ては電源だった。orz

最近、メインマシンが不調で、ベンチも回らんし、なんだかなーな状態が続いていたわけですが。
OC戻して定格にしても走り切らんし。
まあ、いろいろとやってたわけですが、結果としては電源でした。orz

低負荷では問題なかったんですが、CPUとGPU、両方の12Vラインに負荷が掛かると電圧低下を起こしていたらしく。
まあ、ここへたどり着くまで紆余曲折あったわけですけれども。

これまで電源トラブルなんて経験なかったからなぁ。
運が良かっただけか。

ちなみに今回投入したのはこれ。

うわ、Amazon高いな。苦笑
ワタクシはドスパラで購入しましたが、在庫処分品だったらしく、随分13000円弱で購入しました。

まあ、80PLUS Silverでこの容量なら、安いほうだったかな、とか。

電源は、安かろう悪かろうなのは解ってるんですがー。
ま、特価品ならOKでしょ、きっと。

電源は消耗品とも言われてるのは、最近知った話。
ウチの電源、どれもそんな問題ないけどなぁ…

ちなみに、イカれたのは、同じシリーズの750Wのモノ。
普通はメーカー変えるだろ、そういう場合はよ、と思われるかも知れませんが。

プラグインタイプの電源だと、同じメーカー、同じシリーズだとケーブルが同じの使えるんですよ…。
ケーブル引き回しし直すのが面倒だったので、同じメーカーにしてみました。
※シリーズまで同じと知ったのは、取り出してから、だったけど。

BIOSのH/Wモニタ画面で、12Vの表示が出来るものが最近多いので、ちょっとアレだなぁ、って時は12Vラインをチェックした方がいいかも知れません。

ワタクシも、チェックしてみたら、12Vを割り込んでました。
が、これって、誤差範囲だと思ってたんだけどなぁ。

ちょっとイカれた電源をバラしてみて、電圧調整出来るかどうか、見てるかなぁ。
※この件で、電源もかなり調べてみたけど、ATX電源で可変抵抗かなんかで電圧調整出来るようになってるのって、ないみたいね。

ま、次は気をつけよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Excel方眼紙が生きてる間は、タブレットで読むなんて無理なんじゃねぇの?

タブレット、ペーパーレス化や業務の電子化の環境整備の手段として期待 - ZDNet Japan

「モバイル端末の業務活用で、ビジネス文書の活用に対するニーズは極めて高く、とりわけタブレット端末についてはその傾向が顕著だ。国内企業では、紙ベースで行ってきた業務を電子化するための手段としてタブレット端末に期待をかける向きが少なくない。そうしたペーパーレス化に向けた環境を低コストで整備するための手段として、モバイル端末に特化した文書管理システムが強く求められている。今後も端末の普及と歩調を合わせる形で市場規模は拡大するだろう」

まあ、ワタクシの属する業界だけかも知れませんけど。
Excel方眼紙でいろんなドキュメントが展開されてる現状で、タブレットで文書管理とか、無理っぽいような気がするんですけどね。

解像度の問題もありますが、まあ、方眼紙の方でサイズを調整すれば、それはどうにかなりそうですが、7インチ程度の画面サイズでExcel方眼紙は見づらいんじゃないのかな、と。

スワイプで拡大縮小しながら読むのも大変だろうし。

Wordとかも用紙の設定されちゃうと厳しいものがありそうだしね。
さて?

ペーパーレスって、随分前にも流行った気がするけど、結局、それほど実行されてないような気がするんですよね。
結局、決済は紙でしょ、的な。
#ワークフローのシステム構築してるのに、最終的に、印刷して押印ってどうよ?

最近、紙の資料、持ち歩かなくなったけど、その理由は、別にペーパーレスを進めよう!って話じゃなくて、「紙に印刷して、そんな情報持ち歩いて、紛失したら、どう責任取るんだ、オラオラ!」的な情報漏洩防止目的だから為されてることだし。

なので、タブレット端末を携帯するようになれば、会社のサーバに接続して、その場でプレゼンできるし、資料紛失して個人情報漏洩とか機密情報漏洩とか防止出来るよねー、的な「責任取らされるのは勘弁」的な側面でなら普及するかも知れんなーとか思いましたけど。

ペーパーレスのために、って方向では普及に拍車は掛からないんじゃないのかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Windows8も大変だぁね。

ASCII.jp:「Windows 8」をめぐる、さまざまな誤解|マイクロソフト・トゥディ

日本マイクロソフトでは、「Windows 8は、Windows 7に比べてOSやアプリケーションの起動時間などのパフォーマンスやバッテリー持続時間を大きく改善している。そのため、現在Windows 7が動作しているPCでも、Windows 8に入れ替えることでメリットが享受できる」とする。

まあ、GUIが大きく変わると、騒ぎになるのは、いつものことだけども。
OSインストールでPCがタッチパネルになるとか、マウスが使えなくなるとか、そういう問い合わせが多かった、というのも、それだけ一般にPCが普及したからなんだろうなぁ。

ワタクシもWindowsPCがありますので、これを機に、Windows8にアップグレードしようと思ってますけどね。
1月までは安いらしいので。

ただ、AEROの半透明になる機能は外されたんだっけか。ちょっと残念だなぁ。Vistaでも7でも、わりと気に入ってた機能だけに。
ま、メインで使ってるわけじゃないし、まあいいかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次のWindowsねぇ。

【レポート】Sinofsky氏が去った後のWindows OSはどこへ向かうのか | パソコン | マイナビニュース

タブレット型コンピューターの台頭により、ユーザーの使用スタイルも変化し、プライベートシーンやビジネスの現場で、必ずしもデスクトップ型コンピューターが必須と言えなくなってきた現状を踏まえると、"より優れたWindows OS"よりも、デバイスとセットで普及する"普遍的なWindows OS"を目差すの可能性はゼロではない。

キーマンの退社は確かに話題になるところだとは思うけど。
まだWindows8の評価も定かでないのに、次のWindowsの話とは気の早いことだなぁ、などと思ったり。
まあ、タブレット端末を主眼としているように見えるWindows8が従来のPCを駆逐する、ってこともないような気はするけれども。
そういう意味ではユーザーの「次の選択」はどうなるのか気になるところではあるかな。

仕事なんかで考えると、ここまで普及してしまった「Excel」をどうにかするのは難しいような気はしてるけど、それも例えば5年後とかはどうなるのか解からんし。

ま、次のMSの一手、が気にならないと言えばウソになるけどね。
とりあえず、今のVistaマシンはWindows8にしてしまおうと思ってるけど。
サポート切れるし、今ならアップデート安いし。
一応、メディアで購入しようとは思ってますがー。

Appleのなんとかってキーマンも退職したみたいだし、今後、面白い動きがあるといいねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビデオカード修理に出してきた。

どうも問題がビデオカードくさくなってきたので、ビデオカードを修理に出すことに。
一年保障ついてたし、ちゃんとビデオカードの箱にレシート入ってたし。

実際に購入店に持って行って現象話したら、あっさり受け付けて貰えましたが。
OSについては何も聞かれなかったけど、いいんだよね?

Unigine Heavenと、FFXIVベンチの途中でリセット掛かる、って話だけしたんだけど。
あ、あとBlenderでCUDAレンダリングの途中でも。

全部、Ubuntu上での話なんだけどー
※いずれのソフトにもWindows版が存在するし、そもそもFFXIVベンチはwine上だ。

9800GTに換装して、いずれのベンチも完走したし、ビデオカードの問題なんじゃねぇの?とか思ってるんだけど。

なお、memtest86+は、前のメモリに戻しても4周普通に回ってたから、メモリは問題ないんだろうね。

お店のひとの話だと電源に問題あっても似たような現象起こるって話だけど、電源もそんな古くないしなぁ。
一応、それなりのメーカー品だし。
GOLD+ではないけど。
600Wなんで容量的には問題ないでしょう、との話でしたがー

これでなんか起こるようなら、いよいよCPUか…

なお、Heavenベンチ、9800GTでやると1FPSしか出ません。(笑)
GTX670だと楽勝で60FPSです。

ま、実際のところ、あんまし意味ないけどね、Ubuntuで使う以上は。
Blenderとか頻繁に使うなら、それなりの性能のものがあればいいと思うけど、Keplerなら、安いので十分なんじゃないのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

システム飛んだ、屋根まで飛んだ、屋根まで飛んではじけて(ry

単に、起動しなくなっただけなんですが。
起動しなくなるとどうしようもないというか。
ルートパーティションが吹っ飛んだらしく、もはや打つ手なし。orz

仕方ないからクリーンインストールですよ。
dmadmを使ったインストールメディアは存在しないらしいので、12.04.1→12.10という手順を踏まないとならないのが大変面倒でしたが。

設定その他は、基本、バックアップからの復帰でOKでした。
まあ、最初からやり直しってのもアリはアリかなーとも思いましたけど。
今回はバックアップからの復帰で。

いきなり逝ったので、ちょっと何が原因かは不明なところがあるのですが。
最近不調が続いてるし、いろんなところに原因があるのかも知れません。

しかしまぁ。
飛ぶときは飛ぶなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

久しぶりにBlenderで遊ぶ。

まあ、元々まともにオブジェクト作って綺麗に3Dモデルを作るスキルがあるわけでなし。
Blenderで遊ぶといっても、既存のモデルを弄って遊ぶくらいなわけですけど。

ものすごい久しぶりに弄ったんで、使い方を思いっきり忘れていて、せっかく付けたポーズがレンダリングのたびにリセットされるのはなぜだ、とか思ってたんですが。
キーフレーム作ってないから、だったんですね。orz

オブジェクトモードのメニューの選択→全て選択で、すべてのオブジェクトの位置/回転/拡大縮小を選択して、オブジェクト→アニメーション→キーフレームの追加でオブジェクトの位置を覚えさせないとならなかったわけで。

慣れてるひとにはなんてことないことでも知らないと、かなり手間取りますね、こういうのって。
PPAからCUDA対応のバージョンを落としてきて使ってるんで、小さな画像だと数秒のレベルでレンダリングが終わってしまうようですが。

んで、作ったのがこれ。

送信者 Blog

なんか適当などうでもいいポーズになってしまいましたが。
#当初、もっとイメージを持って作業を始めたはずだったんですが、前述のトラブルでそんなことはどうでもよくなって、とにかくポーズをつけてレンダリング出来るようにならねば、と思ってしまったので。

旧式のiPhone用のサイズになってますな。
元にしたのがそれだったので、Retina対応のサイズで作りなおすのも、3Dモノだとレンダリングサイズを変えるだけで簡単に出来るので、そういう意味ではラクなのかなぁ。

他にもBlenderで使える、ボーンまで設定されたみくのモデルがあれば、使ってみたいですねー
#ボーンくらい自分で設定せよ、という話はないでもない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FFXIVベンチ完走した、が…

FFXIVベンチ、どうにか完走しました。
環境はUbuntu12.10、Wine1.5ってのは以前と同じ。
OCしてたんですが、これをやめて試してみたら完走。
なんだかなぁ。
実は、UnigineのHeavenはOCやめても完走しないんで、どこかに問題があるんだと思うんですが。
ハードなのかソフトなのか。
解からん。

まずは完走のスナップを。

送信者 Blog

送信者 Blog
送信者 Blog
送信者 Blog
送信者 Blog

実際のところ、動きはわりとカクついていたので、さすがにパワー不足なんでしょうね。
つかまあ、本当にwineでゲームするわけではないんですけど。

この前までダメだったので、一応完走可能ですよ、という程度の話です。

Blenderもなんだかよく解らないことになってるし、どこに問題があるのやら…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

memtest86+のバグ踏んだ。

Bug #1071209 “memtest86 test #7 fails (random number sequence er...” : Bugs : “memtest86+” package : Ubuntu

It is easily reproducible - select the test #7 in memtest or just wait till it - starting from the 129Mb it will report a lot of errors. I have checked it on three different systems , two of them I use on a daily basis and would note if RAM is really bad.

PC調子悪いんで、12.10のmemtest86+を走らせたら、エラーが出まくるじゃあないですか。
仕方ないんで、メモリ買って来ましたよ、ええ。

メモリも安くなったもんです。

ところがですね。

まだエラー出るんですよ、これが。orz
初期不良?ってのも疑いましたが、これまでそういうことはほとんど経験ないし。
2〜3回テストを繰り返してたんですが、法則性があることに気が付きまして。
#7のテストに入ると、必ずすべて失敗するわけですよ。

こりゃあなんかあるんじゃないの?と思いますよね、誰でも。
で検索してみたら上記記事がヒット。

確かに12.04のCDで起動してメモリテストを実施したらエラーなんて出ませんでした。

結局、メモリには問題なかったわけです。くそー。

抜いたメモリは高価なOCメモリだったんですが…。
使い途ないけど、空いてるメモリスロットに差して24GBにでもするか…。

こうなるとPCの不調はCPUかグラボか。

Twitterの方で、グラボの問題でmemtest86+が真っ赤になった、という方もいらっしゃいまして。

グラボかー…

あまってるGT220に付け替えて試してみるしかないのかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あいぽんからブログ投稿

ココログへの投稿が、意外に簡単になってる。
あいぽん用アプリがあるんですが。
ATOKとも連携取れてるし、これは案外使い手あるかも。
まあ、フリック慣れたつーのもあるけど。
とは言え、長文は厳しいかもなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソニエリミニが連打病に掛かってた。

なんか、ソニエリミニが振動してて、おかしいなーと思ってたんですが。
この状態になると、操作が全然出来ない。orz
なんか、戻るキー連打になるみたいで、メニューもアプリも表示出来ないという。
「ソニエリミニ 振動」で検索すると、「連打病」なる症状が引っかかってきて、まさにこれがジャストミート。

とはいえ、この状態を一端どうにかしないと、対策も打てず。
なお、最新ファームに更新することで問題は解決するらしいのですが。

いくつか現象を検索して、どうも「本体が熱を持っていると発症する」らしいことを突き止めました。
※現象が発生しているひとが、ことごとく本体が熱を持つと、とか書いてるので。

なので、ソニエリミニを持って外へ。
幸い、最近は外気温が低くなってきているので、外なら、発症しないんじゃないかなーと思ったわけですが。

結果。
一時的に現象は止まり。
無事にファームアップデートが完了しました。

しばらく使ってなかったから保証は切れてるし、どうしたもんか、かなり焦りましたけどね。
まあ、とりあえず無事解決ということで。

しかし。
なんか最近ハード周りの問題多いなぁ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

なんか話題になってて、ちょと欲しい。>Nexus4

Google、LG 製としては初となるネクサススマートフォン「Nexus 4」。2012年11月13日発売、価格299ドル(約24,000円)より | Google Pad

Google、LG 製初となるネクサスシリーススマートフォン「Nexus 4」。「Optimus G」をベースとしたモデルで、ネクサス用に外観デザインや一部の仕様が変更されています。2012年10月29日発表、11月13日発売。価格299ドル(約24,000円)より

なんだか、Twitterで話題になってたので、検索してみたら、なかなかのスペックでちょっと欲しいかもー、と思ってしまいました。
ま、これ、片手操作とか絶対無理だろ、な端末なので、実機に触って、よほど感動しない限り買うことはないと思うんですけどね。

まあ、今度電車に乗り遅れた時にでも、ヨドバシ辺りを見に行ってみましょうか。

…買わないとは思うけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ChromeOS、まだ諦めてなかったんだな…

Google、199ドルの「Chromebook」を米英で発売:ニュース:PC Online

Google、199ドルの「Chromebook」を米英で発売:ニュース:PC Online

Chromebookというらしいけど。
Acerの端末はランタイム的に論外かなぁ。
Samsung端末の方が倍くらいランタイムあるみたいだけど。こっちは重量が書いてないな。

なんか、NetBook的なものなんだろうか。
重量とランタイム的に。
価格もそうか。

興味がないでもないが…。
ま、この金額出すなら、CPU買うわ、今は。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手動で切り替えないとヘッドフォンから音が出ない。

しばらく前から、音声出力はS/PDIFにしてるのですが。
ヘッドフォンを差しても、なぜか自動的にヘッドフォンを認識してくれない。
ぐぐっていろいろとツールを入れてみたけど、自動的には切り替わってくれない。

なんでやねん。

11.10の頃は間違いなく切り替わってたはずなんだがなぁ。
それと12.04でも大丈夫だったような、かすかな記憶が…。

問題を解決出来ないのは気持ち悪いけど、書いとかないと、なんか忘れそうだし。

とりあえず、マザボ変えてからは、間違いなくヘッドフォンからは手動で切り替えないと音が出なくなってる。
マザボのサウンドチップを誤認してる可能性も含めて、ちょっと調べてみますかねぇ。

※とかなんとか、ネタがないのを無理して書いてるの全開な感じで。

はっ!ネタに詰まったら、壁紙作成かっ!?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

いまさら、Ubuntu 12.04.1のアップグレードでハマるなどした。

今まで、10.04のまま放置していた家族端末があるんですが。
それを12.04に更新したのは、先日も書きましたが。
#結果CPUクーラーの問題にぶち当たった。

その端末で、日本語入力をすると、入力文字が画面に表示されない。orz
変換はされるし、変換結果は画面に表示されるんですが、入力中の文字列が見えないんですね。

ibusのしわざではないか?
と当たりをつけて、いろいろ調べても、何も出てこない。
自分の端末や、他の端末では問題なかったのに、なぜ?とか思いました。
ibusでダメなら、uimにするかー、とまで考えた時。

ふと。
「そういや、日本語サポートってインストールしたっけか?」

新規にインストールとかすると、初回既動時によく聞かれてくるアレです。
システム設定開いて、言語サポート画面開いて見ると。
「言語サポートをインストールしますか?」との画面。

ああ、やっぱり中途半端だったのねー、ってことで、「はい」をクリック。
いくつかパッケージがインストールされて。

はい、無事に画面にも入力中の文字が表示されるようになりました。

うーむ、昨日時間切れで、最後まで見なかったのが失敗だったかー。

ついでに。
プラネックスのGW-USMicroNですが、12.04ではドライバを自動で読み込んでくれません。
ドライバそのものはあるようなので、modprobeしてあげればOKみたいなんですが…。

どうにも自宅環境では、接続速度が安定しないので、同じプラネックスの無線LANブリッジを使うようにしました。
こっちを使って、Atermに繋いだ方が、速度が安定するようなので。

最高速度は、GW-USMicroNの方が出るんですがー
速度が不安定なのもYouTubeとか見る時にアレなので。
まあ、11gの54Mbpsも出てれば、ネット巡回程度では困らんので。
#HD動画とか再生ってことになると厳しいが、そういう使い方しないし。

とまあ、これで最後の10.04マシンもアップグレードしたので、しばらくは手間が掛からんかな?

| | コメント (2) | トラックバック (1)

連投が続いてますが。

ブログ連投してますけど。
なんだか、楽しみにしてるひとがふたりほどいるらしいので、その辺の方々のために、なんとかネタを探して更新しております。

意外にネタなんてないかなーとか思ってたんですが、探してみるとあるもので、わりと日常的になんかPC関連、OS関連のことやってるんだなーとか思ってしまいました。

普通は、こんな毎日弄ってないんでしょうけど。

…ワタクシがどうかしてるんでしょうなぁ。

そういや。
以前の会社に、毎週新ネタを仕入れてくる、歩くネタ帳みたいな方がいましたが。
#普通なそんなことに遭遇しねぇだろ、ってことに毎週遭ってた。www

案外、そういうひとも無意識にネタを引き寄せているのかも知れませんね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Core2は頑丈だった。

以前にメインマシンにしていた、Core2QuadのQ9650ですが、家族に払い下げる時に、適当に余ってたヒートシンクを装着して組んでいたんですが。(なんかに付いてたIntel純正だと思うんだけど。それとも安いファン買ったのだったかなぁ。)
以前から「PCの調子が悪い」とは言われてたんで、まあ、ヒートシンクのグリスが劣化してきたのかな、くらいに考えていたわけで。
ところが。

Ubuntuを10.04→12.04にアップグレードしようとすると、ダウンロード途中で電源落ちるし、直後に再起動しようとしても起動しないし。
典型的な熱暴走の状態になってたので、BIOSでCPU温度を確認したら90℃超。orz
そら調子も悪いって…。

仕方ないので、ファンを新調しようと思ったんですが、DELLマシン購入時に付属のヒートシンクがあることを思い出しまして。
んでもこれ、背面にブラケットつけてネジ止めするタイプなんですよね。

面倒で仕方なかったんですが、マザーボードを外して装着しました。

そんで、起動してBIOSでCPU温度を確認すると30℃ちょっと。
いやぁ、熱容量が3倍近い。

今、アップグレード中ですが、いまのところ問題なく走ってるようで。

しかし。

これまで一年以上、90℃前後で動作してたとは、Core2って頑丈ですねぇ…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Chromeにテーマを設定してみた。

Chromeもしばらく使ってなかったらテーマが充実したようで、みくモノも結構ありました。
ざっと眺めた感じだと10件以上あったように思います。

んでも。
テーマ画面で検索つーか、名称とかで絞り込みが出来ないのはどうなのかなーと。
テーマを開くと、関連するテーマって一覧が下に並ぶけど。
キーワードで検索するのに、Chromeウェブストアではテーマが引っかからないのは如何なものかと。
※なんか手があるのか?もしかして。

まあ、その中に気に入ったのがあったので、採用してみました。
テーマの名前が「Hatsune Miku Theme9」。
※検索出来ないんじゃ意味ないかも知れないけど、名前を書いとくのは。
んで、適用結果が以下。

送信者 Blog

ま、この他にも、様々なみくがいました。(笑)
※もともとは純正っぽいのとねんどろいどがあったんだよね。

ねんどろいどを使ってたんですが、配色がちょっと、現状のUbuntuのテーマに合わないかなーと思って変更。

まあ、このテーマも合ってるとは言い難いんですが、タブが見やすいのでいいかな、と。

その他いろんなテーマがあったので、Chrome使いのひとは一度見てみるといいかも知れません。

ちょっと見た目が変わると気分も変わるしー

---------- 追記 ----------
Twitterでご指摘いただきました。

送信者 Blog

の赤丸のところをクリックすると、テーマ検索に切り替わります。

…まあ、見落としたワタクシが悪い、ということにしときましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そういや、ティアリング解消してた。(Ubuntu12.10)

ubntu12.10のリリースノートにもGeForce使用時、ティアリングが発生とか書いてあって、実際発生してたんですが、ワタクシ、メインマシンはProposedを有効にしてまして、アップデートかけたら、ティアリング発生しなくなってました。

これで、メインマシンで動画見放題です。

やふーっ!
※それだけか。

VLC、UMPlayer辺りで確認しましたが、特に問題ないようです。

まあ、実際にメインマシンで動画が見れないと、DLNA経由でPS3ってことになるわけで、案外手間が掛かるというか。
DLNAのライブラリ更新にもそれなりに時間掛かりますしね。
※だが、PS3経由の方が画質的にはよいという。

…素直に、BDなりDVDなりで見ろ、という話は置いとくとして。

普通に使う分にもティアリングが発生しないので、見た目に快適でよいです。

一時、げふぉ使うのやめて、Intelオンボにすることを真剣に考えましたからね…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファンコンのセンサーを交換した。

ケースのファンコントロールにサイズの風サーバーを使ってたわけですが。

この商品ですね。

マザボ交換の際に温度センサーが断線してしまって。
新しくファンコントロール買わないとならないのかなぁ、とか思ってたのですが。

幸い、この辺、壊れやすいらしく、サイズで補修部品を販売してました。

さすがサイズ。(笑)

ここの製品はファンも含め、それなりに使用してまして、以前にユーザーサポートに問い合わせたこともあるし、わりと気に入ってるメーカーではあります。
水冷化する前は、CPUクーラーは大抵サイズだったし。

まあ、今回も、この手のある意味消耗品を別途販売してくれてたわけで、けっこう痒いところに手が届くメーカーなのかも知れませんな。
※まあ、最初はセンサーのみ販売とかしてなかったのかも知れませんけど。

ただ。
メーカー直販って性格だし、そもそも壊れやすいものだから仕方ないのかも知れませんが、送料で600円掛かったのはちょっとどうかなー的な。
メール便でも送れるような代物だし。
なんか、すごい厳重な梱包で、立派なダンボールに入って届きましたが。
そこまでする必要あるのか?的な梱包でした。

まあ、到着→初期不良、なんて目に会うよりは、保険と思って立派な梱包で問題なく届く方が幸せになれるかも知れないんですが、700円のものを買うのに600円の送料というのも腑に落ちないものがあるな、と。(笑)

ま、この辺、ある意味通販の宿命なんで、仕方ないですかね。苦笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりにChromeを使ってみる

高速動作に定評のあるChromeですが。
フォントのレンダリングがWindowsっぽいので、それが気になって今まで使ってなかったのですが、たまたま起動したら、「それらしいフォント」になっていたようなので、ちょっと使って見ました。

今も、これをChrome上で書いてますけど。
んでも、こういう画面は、フォントは相変わらず。orz

フォント指定されてる画面とかならちゃんとレンダリングされるんでしょうか?
それともフォントサイズ?
その辺謎な動きしてます。

まぁ、Firefoxで特に問題がないので、Firefoxのままでもいいんですけどね。

たまに気分を変えて、ってところで。

Chromeはメモリ食い、なんて話もよく聞きますが、ワタクシのところではFirefoxと大差ない感じがします。
あまり大量にタブを開いてないせいだとは思いますが。
開いてるひとは50とか開いてるらしいからなぁ。

ワタクシは基本は5〜10くらいですかね。

それと、ダウンロードファイルの拡張子でのフォルダ振り分けのプラグインが見当たらないんですが。
ないのかなぁ。
ちょっと探してみたんですが、見当たらないんですよね。
Firefoxでも出来てるので、Chromeにもあって当然だろ、とか思ってたので、ないのが意外。
…標準の機能の中にあるとか?
その辺、使い込みがまだまだなので、知らんことが多いかも、かも。

ちょっと設定画面とか見てみるかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FFXIVベンチマークに再チャレンジ!完走ならず…orz

やはりFFXIVベンチですが、完走はしないようで。
とりあえず、起動はしますし、動けばそれなりの表示にはなるんですが。
途中で止まるというか、再起動になるのは、CPUの熱回りかも知れないなーとか考えてますが。
さて。

一応、動いた証拠の画面スナップを。
なんとか完走させられないもんかなぁ。

送信者 Blog
送信者 Blog

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Wineで「らぶデスベンチマーク」を動かそうとしたが敗退した。

FFXIVベンチマークの画面スナップ取得に失敗した上、まともに動かなくなったので、これまで動かなかった、らぶデスベンチマークを動かしてみた。

が、どうさせず。orz

でも、以前は起動画面すら出なかったから、進歩はしたと言えるんだと思う。

スナップを撮った起動画面。

送信者 Blog

このくらいのもんなら、以前から出ても良さそうなもんだけど、以前は、そもそも起動すらしなかったから、マシになってるんだと思う。

次は、なんとかFFXIVベンチの画面スナップを撮りたいものだけれども。
※完走しないと意味ないし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そういや、グラボのBIOS更新した。

GIGABYTEのGTX670のビデオカードを使ってるんですが、なんだか、BIOSがF4→F12へ変更があったようで、その時は、まだ、メインマシンの不定愁訴が続いていたので、ビデオカードのBIOSまで疑って、更新してみました。
普段は、まずそんなところ関係ないし、問題起こったことないし、そもそもBIOS更新自体、失敗すると痛いのでやらないんですが。

んで。
このBIOS更新、本来はWindowsのツールで。GUIなんですよ。
で、以前に作ったWindowsPEのUSBメモリから起動してやれば大丈夫かなーと思ったら、そもそもダウンロードした、VGA@BIOS.exeってのがインストーラーで、WindowsPEはmsiインストーラーに対応してないというね。orz

別のWindowsPCにとりあえず、VGA@BIOSをインストールして中身を取り出して、WindowsPEで動かしてみるも動作せず。orz

でも、よく見てみると、なかにフォルダが切られてて、nvToolとかいうフォルダがありまして。
中身は、nvflash.exe、nvflash32.exe、nvflash64.exeという、いかにも端末で動きそうなアプリケーションが。

試しに、それを起動してみると、どうやら端末用アプリらしいのですが、今度はダウンロードしたBIOSファイル(拡張子がバージョン番号のF12だった。)を引数に渡してみても、「こんな拡張子のファイルは知らねぇ!」と怒られるばかり。

まあ、途方にくれてたわけですが。

後日、たまたまその辺のことを検索して調べてみたら、F12→F12.romと拡張子を変更してやれば、nvflash.exeが使えるとのこと。

試してみたら、無事BIOS更新出来ました。

いやぁ、調べてみるもんですねぇ。(笑)

ま、結果としては、ビデオカードのBIOSは関係なくて、マザボの問題っぽかったんですけどね。

こんなこともありました、って話で。

ほとんどのひとには関係ない話かと思いますし、BIOS書き換えは、可能な限り避けた方がよいと思いますので。

…こうして、あらためてブログ用にネタを集めてみると、案外ネタあるな…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

i7zなるものがあるらしい。

Core iのTurboBoostでの実クロックを計測するツールみたいです。
場所はここ

結構前からリリースされてたみたいですが、全然知りませんでした。
Z77に変更した結果、conkyで表示されるクロックがOC前にものになってるので、ちょっと気になっていたのは以前にも書いた通り。
んで、調べてみた結果、i7zなるツールを発見したわけです。

OCerでLinuxerなのに、まったく知らなかったとは…。orz

実行にはsudoが必要ですが、コマンドラインとGUIがあり、どのモードで動いてるのか、実クロックはいくつなのか、簡単に表示してくれます。

サイトに上がってるのがソースだけで、パッケージじゃないのは残念ですが、サイトの通りの手順、およびREADME.txtに記載の手順で簡単にビルド出来るので、気になってる方には朗報なんじゃないかと。

AMDでは使えないんでしょうけどねぇ。
ワタクシ、Intelしか持ってないので無問題ですね!

送信者 Blog
こちらが端末版。
送信者 Blog
こちらがGUI版です。qt使ってるみたいですが。

sudoで起動しないとならないので、起動時にちょいと起動して置いとく、なんて真似は出来ないですけど、「これ、実はどのくらいのクロックで動いてるわけ?」と疑問になった場合にはお役立ちかも知れません。

…と、ここまで書いてきて、あんまし普通のひとには用事のないツールだよな、と気がついてみたり。

ま、ワタクシには有用なのでよしとしときましょうか。
#これ、Macでも動かねぇかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPad使ってます。

去年、ソフトバンクの思惑に思いっきり乗せられて、iPadを導入したわけですが。
しばらくぶん投げてましたが、結局、電車で本読むのに使ってます。

結構、青空文庫とかリーダーが充実してるし、フォントサイズも選べるので、元文学青年的には、それなりに満足の行くものだったり。

なんで、今頃、iPadネタかというと。

会社のひとがNexus7買いまして。
その理由が。
「きっと、これはかおりんさんは買わないに違いない。」
だったので。(笑)

別にApple信者じゃないんですが、あいぽんに、iPadにMacBookAirと、ないのはデスクトップだけ、な状態になってるのも事実で。

まあ、iPhone5にはする気はないし、iPadも2で十分、買換えも考えてないし、iPadMiniも眼中にないんですけどね。

iPad2でも、電車の行き帰りに本読むのに使ってるだけだと、数日はバッテリーももちますし、解像度も、先に述べた通り、アプリを選べば特に問題はないというか。

ただまあ、それ以外の使い途つーと。
やっぱり健康促進と、冷蔵庫の扉に貼り付けておく、以外には思いつかないんですよね。

Nexus7くらいのサイズなら、持ち歩いても苦にならないかも知れませんけど。
※んでもワタクシのiPadは一応3Gモデルなので、通信も出来るのだが。

さすがに、あいぽんで、文庫読むのは厳しいところがあるし、こっちは結構使ってるせいでバッテリーのもちもよくないので、会社の帰りに電池切れたりして、アレなので、iPad持ち歩きはしばらく続けると思いますが。

んでも、肩凝るんだよなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さすがにアクセス減ったなぁ。(笑)

まあ、ネタもないし、なんか日々の思いつきはTwitterの方で呟いてるので、ブログの更新が思いっきり滞ってたりするわけですが。
結果、アクセス数も激減してます。
#当然だろ。

まあ、ブログ閉じる気はないので、またネタ仕込んだらぼちぼちと書いていきますけれども。

楽しみにしてたひととかって、いるのかなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ついに、たいむりーぷブートベンチがWineで動作した。

実行環境はUbuntu 12.10、Wine1.5。
ビデオカードはGeForceGTX670。

スナップを撮ったので。
一応。

送信者 Blog

2枚目。

送信者 Blog

一応、完走したのは確認しましたが、完走は運が良ければ、って感じで、黙って見ていれば完走しますが、その途中で、なんらかの操作(マウスで別のウィンドウアクティヴにしたり。)をすると、OSごとオチます。苦笑

まあ、OSごと落ちるのはワタクシの環境のせいもあるかも知れませんので、そこはなんとも、ですが。

いずれにせよ、これまで動作しなかったWindowsアプリがWineで動作するようになるってのは、なんとも言えない気分になりますねぇ。

ぶっちゃけ、この手のゲームのベンチマークが動作したから、なんか嬉しいか、っていうと、実務的な意味はまったくないわけですが。

でもまあ、夢が広がるじゃあないですか。(笑)

とはいえ、まだまだWineの抱える問題も多いでしょうし、MSの次々と新機能を出してくるわけで、どうしても後追になって、なかなか最新のアプリがきちんと動作する環境は整えにくいんでしょうなぁ。

ま、開発に参加もせずに、単なる恩恵に預かってるだけなので、えらそうなことは言えないわけですが。

しかしまぁ。

動かない、動かない、なんてやってたのがほぼ2年前。
2年って、随分大きな動きがあるもんですねぇ。(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

マザーボードを変更した。

どうにもメインマシンが不調なので、原因の切り分けをすべく、マザーボードを新調した。
購入したのは、ASrock Z77 Extream4。

んで、一応、Ubuntuでは12.04から対応しているって情報をあらかじめネットで検索してたんですが。
とりあえず、12.10環境では動作しています。

ただ、conkyでのクロック表示が、実クロックじゃないんですよね。
OCしてても、ノーマルの3.4Ghzと表示されてしまう。

これ、以前にZ68マザー使った時も同じ現象出てたので、どこかの設定か、なんかのパッケージが足りないのかも知れませんけど。
#lm_sensors辺り、再設定で解消してみたりな。

まあ、実害はないので、とりあえず放置してみますけども。
ヒマがあれば、解決方法は探るかも知れませんけどね。

とりあえず、動作しました、ということで。
Z77使いたいけど、動くのかなーってひとのために。(笑)

なお、定格動作の場合は、特にそういう表示上の問題もないので、無問題で動作するんじゃないかと思います。

今はOCを控え目にしてますが…

まあ、隙を見て、もう少し上げてもいいかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »