« 2013年4月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

腎臓結石で手術をしました。

腎臓結石が見つかりまして、先日、7/18に内視鏡による手術を行いました。
入院は、前日の7/17から入院してまして、一度レントゲンを撮ったくらいで何もすることはなく、iPadを持ち込んでいたので、退屈もしてなかったのですけれども。
手術当日は、朝から点滴で。
点滴の種類も調べてみましたが、なんてことない輸液のようで。
本日、ネットで調べてみましたが、なんども点滴のために針を刺すのを避けるために、輸液状態を維持するようで、必要な点滴は、その脇の口みたいなのに突き刺して行うもののようですな。
入院なんて、5年前に、やはり尿管結石で超音波破砕のために一泊二日で入院して以来なので、そんなの全然知りませんでした。
#頻繁に入院していて、その辺の知識が蓄えられているのも、ちょっとイヤだけれども。

腎臓結石の手術自体は無事に終わりまして。
#そうじゃないなら、今頃、こんなもん書いてねぇ。(笑)
ただ。
本当は我慢しなければよかったのかも知れませんが、手術後が痛い。
手術そのものは全身麻酔だったため、気がついたら部屋に戻ってた、という状態で無事に終わりました、位の話だったのですが、それから麻酔の影響もあって、ちょっと寝て。
それで起きてからが痛い。
もう尿道近辺が痛い。
残尿感も強く、トイレに行って瓶に、その日の分の尿を集めるわけですが、その時に出る量も微々たるもので、でも、それを絞り出すのがものすごく痛い。
寝てても痛いし、トイレに行っても痛い。
もう泣きそうな感じ。(爆)
#泣きませんでしたけどね。

んで、看護師さんに言ったら「あら、痛いんですか?いつからです?」とか聞かれてしまいまして。
いや、麻酔から醒めてからずっと痛かったんですけどね。
聞けば、痛み止めが出ているという話。
そういう話は、先に教えて下さい…。

とにかく、痛み止めを飲んで、しばらくしたら、薬が効きまして、30秒おきの頻尿は回避されまして。
どうにか横なって落ち着くことが出来るようになりました。
まあ、そんでも、出るのは血尿なんですけどね。
血尿というのは、出したことがない方は解らないかも知れませんが、本当に血が出てるように見えます。(爆)
ある意味、ワタクシは経験済みというか、さほど錯乱も混乱もありませんでしたが。
#妙なところには度胸があるんですよね。

そんで、心電図のモニタもしていたみたいなんですが、これの端子が剥がれる剥がれる。(笑)
なぜかというと、まだ痛み止めを飲む前の話で、痛みで脂汗が流れてもう全身汗まみれになってまして。
#顔は泣いてないけど、身体が泣いていた、みたいな。
結果、端子を張り付けてるシールが剥がれてしまうんですね。
あれ、モニタできなくなるとナースステーションで警告がなるようで、何度も看護師さんがすっ飛んできました。忙しいのに悪いことしたなぁ。
でも、汗が出てても、痛いし頻尿だしで動かないわけにも行かなかったしなぁ。
まあ、これも痛み止め貰って効いてからは剥がれることもなく、朝を迎えられましたけど。
そういや、消灯直前くらいに点滴追加しに来てたけど、朝になったらなくなってたから、深夜に外しに来たんだろうな。
いや、看護師さんも大変な仕事だよねぇ。
4人部屋なんですが、3人しか入ってないし、変な患者もいないから、今のところ平和な入院ではあるのですが。
たまに、病気のせいなのか、元々の性格なのか、面倒な患者ってのがいますからねぇ。
#過去の入院経験によると。看護師さんは奴隷じゃねぇって。

そういや。
5年前に超音波破砕で入院したのも同じ病院、手術をしてくれたのも同じ先生だったんですが。
それはそれとして。
病院食が改善していたのは驚きました。
基本薄味なんですが、まずくない。
むしり旨いというか。
5年前に入院した時には、あまりに飯が不味くて、家族が来るときにコンビニ弁当買ってきてもらって食った覚えがあります。
#たかが一泊二日の入院だったのに。
まあ、入院とかしてると、食事が唯一の楽しみだったりしますし、その辺改善要望が上がったんでしょうねぇ。
仙南中核病院といえば、この辺では一番大きな病院になりますし。

さて。現在、手術後一日目の朝飯食ったところです。
ここから感染症などが出て来なければ、最速で明日退院となるはずですが。
どうなりますか。

しばらくブログの方は何もしてなかったので、まあ、記念日的にエントリにして見ました。(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年8月 »