« Mozc-UTをビルドする。 | トップページ | ppa-purgeなるコマンドをしる。 »

MonoDevelopを弄ってみた。

残念ながら14.04の話題ではなく。

なんとなく気になったので、新しいMonoDevelop(っても13.10のリポジトリにあるもの)を触ってみた。
GTK#のプロジェクトを作って、マウスでぽいぽいコントロール配置して、イベントダブルクリックして、すごく簡単にGUIアプリが作れる。

まあ、前提知識としてGTKとか.NETとかC#とか必要だけども。(笑

リポジトリにあるものはメニューなんかもある程度日本語化されているので、わりととっつきやすいかも。

英語サイトだけど、ここが参考になるかと思います。

前に試した時は、デバッガがイマイチというか全然ダメで、「せっかくGUIが作れてもこれではなぁ」という感じだったんですが、その辺もかなり改善されていて、普通にデバッグ出来ます。

まあ、Linux環境でビルドしても、.exeファイルが実行ファイルとして出来上がるのはご愛嬌ですかね。
#.exe設定で外せないのかな。

ま、とはいえ、プログラミング初心者がいきなり手を出して上手く行くものでもありませんけど。

その辺、ある程度基本ができてるというか、Windowsでのプログラミング経験があるなら、わりと簡単にLinux用GUIアプリが書けるんじゃないでしょうかね、コレ。

しかし。

Linux上でのGUIアプリの開発もずいぶん敷居が下がったなぁ。
まあ、Monoってことは、その辺のライブラリが必要になるので、そんな軽量高速アプリが作れるわけじゃないんだろうとは思いますが、なんかのCLIアプリのフロントエンド作るくらいなら、わりとちょろいんじゃないでしょうかね、これ。

あとは、.exeどうにかならないかな…。

|

« Mozc-UTをビルドする。 | トップページ | ppa-purgeなるコマンドをしる。 »

Ubuntu」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/59490662

この記事へのトラックバック一覧です: MonoDevelopを弄ってみた。:

« Mozc-UTをビルドする。 | トップページ | ppa-purgeなるコマンドをしる。 »