« 嗚呼素晴らしきかなMMD(MikuMikuDance) | トップページ | 萌え時計更新(バグフィックス) »

XFce4の環境設定

XFce4だと、壁紙がデュアルディスプレイで別々に設定できます。

それだけでXFce4を使用することを検討しました。

壁紙の切り替えがフェードアウトフェードインになってなかったり、若干の不満はないでもないですが、おおむね満足の形になりました。

ファイルマネージャーはThunarで、これも慣れるまではそこそこ掛かりそうな気配ですが、「アクションの設定」により右クリックメニューを自由にカスタマイズ?出来るので、Nemoに劣る部分はこれで対応します。

GitはThunar-VCS-Pluginでなんとかなりますし、見た目の不満といえば、DorpBoxの同期状態のアイコンがオーバーレイしないくらいかな。

#これは重要度が低いので調査を後回し。

一番のポイントは、パネルにDockBarXをプラグインとして登録できること。

標準でパネルにランチャは登録できるのですが、これがイマイチ使い勝手がよくなくて、WindowsXPちっくなランチャになってます。

#逆にいえばXPライクな操作性が欲しいならこれの方がいい。

ワタクシとしましてはCinnamonのパネル、欲をいえばWindows10ちっくなパネルになっていると嬉しいのです。

そこでいろいろと調べてたどり着いたのがDockBarXでした。

これ、GNOME2のころにランチャとして便利に使ってたんですよね。

GNOME3になって、対応が怪しくなったので使うのを止めたんですが、開発が継続していたようです。

こちらの記事を参考にパネルに組み込みます。

#今回はPPAから持ってきましたが、Gitからビルドするのがいいような気がします。

上記の記事の手順だと、一部エラーになる部分(./wafの辺り)がありますが、PPAからの組み込みの場合は無視しても大丈夫のようです。

んで。

以前使っていたCairo-Dockもそうなんですが、ホイールクリックでウィンドウが閉じるんですよね。

これLinuxのランチャ全般の仕様なのかなぁ。

DockBarXも同じでした。

ちょこっとソースを読みまして。

Gconfエディタをインストールして、以下を書き換えます。

/apps/dockbarx/groupbutton_middle_click_action

値がclose all windowになっていますので、launch applicationに書き換えます。

これでログインし直せば、ホイールクリックで別のインスタンスが起動するようになります。

Windows10と同じ動作ですね。

ちょっとだけ残念なのは、Windows10のようにウィンドウのプレビュー機能はないので、グルーピングされたアプリケーションのウィンドウは縦に並んでタイトルバーが出るだけです。

まあ、ウィンドウ切り替えに関しての操作性はあまり変わらないので、これでよし、ということにしました。

あとはデフォルトのパネルの高さがちょっと低いので、微調整して、そこそこWindows10ちっくになったと思います。

まあ、メインがXFce4なら、こんな設定しなくてもいいとは思うんですが、Windows10と行ったり来たりをしてると、細かな操作性の違いで誤想さをやらかして、データを失ったりするので、ウィンドウを閉じる系は極力操作を合わせたいとこです。

あと、Windowsとは関係ないのですが、端末をプルダウン表示する機能とかあって、ショートカットキーに割り付けておくと、キー一発で端末が起動して便利とか、けっこう細かいところで手が込んでるなぁ、と思いました。

よく、軽量DEだから見た目もしょぼいみたいな話も目にしたのですが、もはや過去の話なんですかね。

LinuxMintのテーマが適用できるし、アイコンなんかもMintのものが使えるので、けっこう華やかな見た目にすることができます。

軽量という点では、萌え時計とConkyしか起動してない状態で、メモリ使用量1.1GBとダントツに軽いですね。

WMもあまりエフェクトが標準では設定されていないようで、ウィンドウの動きも軽いです。

#設定しようと思えばいろいろできるらしい。

GTX980Ti装備のマシンなので、その辺のエフェクト組み込んでもいいかな、とは思いますが、まあ、重くしても意味ないので。

んでも、こうなると、やっぱりWindowsにもConkyと萌え時計が欲しくなるかも。

#萌え時計は作ってる時間がねぇ。

 

|

« 嗚呼素晴らしきかなMMD(MikuMikuDance) | トップページ | 萌え時計更新(バグフィックス) »

Linux」カテゴリの記事

LinuxMint」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。