« LinuxでExcelを使う | トップページ | 萌え時計をWindowsで動かす(断念 »

萌え時計が本家moebuntuで紹介されている

元々、moebuntuのために作成したアプリケーションなわけでして。

しばらく放置(7年間)してたら、動かなくなっていた、という記事がありまして、今回まとまった時間が取れたので対応してました。

こちらのが本家のブログになります。

こちらのエントリの最後でも記載されている通りGitHubに環境つくりましたので、適当にForkするなどして引き継げるひとがいないかなぁ、いるといいなぁって感じです。

自分で面倒見てもいいんですが、時間がなかなか取れないのと、問題かかえたままにするのがストレスというかプレッシャーというか。

ぶっちゃけメンテナは無理っすって感じで。

せっかちで飽きっぽくて堪え性がないので、メンテナ向きではないんですよねー

いまではメインの使用環境はWindows10に以降してますし。

萌え時計のWindows版も作ろうかなーとか考えるくらいで。

#本当に作るかどうかは気分次第。

PythonでGTKが簡単に動くならWindows版も楽に作れるかも知れませんけどね。

まあ、要調査。

ワタクシの場合、この手のサンデープログラミングは他者からの要望と、それが自分の興味にマッチするかどうか、そして承認欲求を満たせるかどうかがモチベーションになるわけで、正直、責任を抱え込みたくないのですよ。

とはえ、作ったものが使われていて、環境の変化により動作しなくなっている、ということであれば、対応せざるを得ないわけで。

これがストレスとプレッシャー。

TOYさんは、そのへんよく考えてくれてますけどね。

適当にタスクを積んでくれるので、わりと楽しく作業してます。>萌え時計

急かさないしね。(笑)

今回は、久しぶりにLinux環境に戻ってきて、いろいろ手着かずの課題があり、時間があったので、いっきに対応を進めましたけど。

平日とかだと、こういうのは無理だしね。

まあ、基本的な対応で、今回やれそうな簡単なものは大抵やってしまったと思うので、またしばらく放置になると思います。

我こそは!ということは、どうかよろしく御願いします。

|

« LinuxでExcelを使う | トップページ | 萌え時計をWindowsで動かす(断念 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。