« LinuxMintでOneDriveを使う | トップページ | conkyにgcalcliのagendaを表示させる »

うぃんくみくをPython3に対応

これも萌え時計を作った頃にDAとして作成したもので、Python2.xで動作するものでした。

現状、Python2.xがあれば動作するのですが、この際なので、Python3+GObjectに移植しました。

萌え時計のソースがあるから簡単かなぁと思ったんですが、メインウィンドウの透過に思いの外苦労しまして。

この辺とかこの辺を参考にしました。

最初のサイトは、ほぼマルパクな感じ。

2番目のサイトはPythonでGObjectを扱うなら広範に参考になりそうです。

#まあ、細かくは見てないけど。

元々、各種DA作成用の母体として学習用に作成したプログラムだったように思います。

Gladeの使い方とか、PythonのGUI作成方法とか。

内容はシンプルで、それほど難しくないものだと思っていたのですが。

まあ、こういうのはたいてい軽い気持ちで手を出すと、想像以上に面倒なことになるものですよねぇ。(笑)

 

いちおう、Githubで公開しています。

winkmiku

|

« LinuxMintでOneDriveを使う | トップページ | conkyにgcalcliのagendaを表示させる »

Linux」カテゴリの記事

LinuxMint」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« LinuxMintでOneDriveを使う | トップページ | conkyにgcalcliのagendaを表示させる »