« 透過するカレンダー(完結?) | トップページ | MacBookAirにJetDriveを装着。 »

MacBookAir Mid 2011にLinuxMint Xfceエディションをインストール

MacOSの最新版がインストールできなくなったMacBookAir Mid2011にLinuxMint 19.2 Xfce4エディションをインストール。

事前にネットで色々と調べてMacのEFIはなんちゃってEFIだからインストールしてもBootに苦労するとか言われていたのですが、実際に試してみると、最近のLinuxなら、別になんの苦労もなくインストールすることができました。

普通のWindowsPCにインストールするのと手間は完全に一緒です。

一時間ほどでインストールは完了し、その後は、Mac固有の設定に対応するので、手間取りました。

とは言っても、キーボードがMac配列になっているので、MacOS同様の操作でIMEのON/OFFを切り替えるようにしたり(Mozcの設定でIME ON/OFFのキーを英数/ひらがなキーに設定)、トラックパッドのジェスチャを設定したり、というところに手間取りましたかね。

ジェスチャに関しては、3本指でのワークスペース切り替えさえできればそれで良かったので、そこだけXfce4のWMに合わせた設定にしてあり、それ以外はデフォルトで使用しています。

もともとメモリ4GB/ストレージSSD128GBとしょぼいスペックですが、LinuxMintでは、全然動作の重さは気になりません。

CPUはノート用SandyBridgeなので、性能は大したことないはずなんですが。やはりSSDってのが効いてるんですかね。

動作にストレスを感じるところはありません。

いまもこのエントリはMacBookAir上で書いてます。

メインマシンのデスクトップPCもSSD搭載機なので、起動が遅いとかそういうことは全然ないので、正直、ノートPCをLinux化する意味ってどれだけあるのかなぁ、ってのが思うところなんですが、サポート切れたOS使ってるのもアレだし、ってことで思い切ってやっちゃいました。

まあ、インストール&起動に苦労するようなら速攻もとに戻してたと思いますが。笑

いま現在は開発環境とかは入れてなくて、ほとんどブラウザ専用機になっていますが、今後の使い方次第ではVSCodeを入れたりして行くと思います。

ノートPCだと仮想デスクトップもけっこう有効に使えるし。

あとはMacBookAirのハード面がどれだけ有効に使えるのかの確認ですかね。

無線LANとかもインストールの段階で認識してましたし。

グラフィックはIntel内蔵だから、これも標準サポートですしね。

とりあえず、YouTube再生したときに、ちょっとティアリング出てたので、その辺の対策からですかねぇ。

#ま、ほとんど見ないからやらなくてもいいけど。

|

« 透過するカレンダー(完結?) | トップページ | MacBookAirにJetDriveを装着。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 透過するカレンダー(完結?) | トップページ | MacBookAirにJetDriveを装着。 »