« Xfce 4.14 でランチャーを起動すると変な影ができる | トップページ

萌え時計をWindows10のWSL2で動かす

なんか、WSL2になってから、以前の設定で動かなくなってる。

これは、そもそもネットワークの仕様がWSLとWSL2で変わったからっぽい。

Windows10側のXserverにつながらないのが原因。

そのため、ワタクシの環境では、,bash_profileに以下の設定を追加。

export DISPLAY=$(cat /etc/resolv.conf | grep nameserver | awk '{print $2}'):0

これでXserverのIPが取れるようになる。

あとVcXsrvの設定にも変更が必要だったはず。

この記事を参考にした。

 

それで、スタートアップにVcXsrvの起動を追加。>いままで通り

で、次に以下のバッチファイルを作成。

まずはVBScript

Set objWShell = CreateObject("Wscript.Shell") 
objWShell.run "cmd /c moeclock.bat", vbHide

で、次にスタートアップで起動するバッチファイル。

bash -i moeclock

-iオプションがキモ。

|

« Xfce 4.14 でランチャーを起動すると変な影ができる | トップページ

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

萌え時計」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Xfce 4.14 でランチャーを起動すると変な影ができる | トップページ