Linux

げふぉでトラブっていた→クリーンインストール

これまで、特に問題がないと思っていたので、まったく気がついていなかったのですが、いつの間にか、げふぉのNVIDIAのプロプラドライバが読み込まれなくなっていました。
ふつー、その状態になれば、標準のドライバが読み込まれることになり、性能も落ちるだろうし気が付きそうなものなのですが、昨日までまったくきがついていませんでした。orz

試行錯誤したんですが、それでもプロプラドライバは読めず。

まあ、最近、カーネル更新があるとDKMSが効かずに、画面が表示されなくなる、というトラブルにも見舞われていたので、この頃からおかくしなったものと思われます。

恐らくは。

LinuxMintの17→17.2にアップグレードしたタイミングくらいじゃないかと思うんですが。

2時間くらい挌闘したんですけど、もう対策のとりようがないというか、原因がどこかも解らない状態になって、頭も考えることを放棄し始めてしまったので、結局クリーンインストールしてしまいました。orz

SSD交換時にクリーンインストールしなくて済んだ、ラッキー!とか思ってたのに翌日にはこれですよ。orz

ただまあ。

実は並行してWindows7(いまさら)のインストールと環境設定も進めているんですが、これから比べればLinuxのクリーンインストールなんて、全然時間がかかりません。

設定も1からやり直すつもりでいるなら、本当にインストールの時間だけです。
この辺、Windowsに比べて大きなアドバンテージがあるなぁと思ったりしました。

Windows7はインストールだけで半日、その後のWindowsUpdateで一日、という感じでしたので。
まあ、その結果、まだWindows環境の方は使用するアプリケーションのインストールとかやってないので、まだ環境構築終わってないんですけどね。

自分のメイン環境の方は、トータル3時間くらいで復旧しました。

初めてMintBackupからインストール済みのパッケージの復旧を行ったんですが、それなりに長く使われているものなのだと思うので、使い勝手は悪くなかったですね。
次のMint18が出た場合の予行演習として考えれば、一度バックアップからの復旧は経験しておいて損はなかったな、と思いました。

その手の流れで書いてしまうと、まあ、経験者には言うまでもないと思いますが、インストール済みパッケージの一覧は確実にバックアップした方がいいのと、/etcもバックアップとして残しておいた方がいいです。

各種システムの設定は、基本的にはここに残されているので、新環境で旧環境でできていたことができなくなっている場合、設定が反映されていないことが多いからです。

なので、/etcを残しておけば、いつでも旧環境の設定ファイルと新環境の設定ファイルの比較が行えるため、便利なはずですし、ワタクシは便利だと思いました。(笑)

まあ、バックアップなので、新環境が安定したならば、消してしまって構わないとワタクシは思いますが、最低1ヶ月は残しておいた方が無難だと思います。

なお、ワタクシは新旧設定ファイルの比較にはmeldというツールを使っているのですが、これで特に不満もありませんが、仮に開発終了してしまうと残念なことになりそうなので、ファイル比較ツールでよいものがあれば教えて下さい。(笑)
#GUI限定だけどなー

とまあ、昨日は予定外の作業に時間が取られてしまって、身も心も疲れ果ててしまいました。orz

本来の作業予定は、注文した簡易水冷クーラーが届いたので、それの交換だったんですが。
これも、ちょっと純正の取り付け方と違った方法を取ったので、苦労しました。
純正じゃないバックプレートを使用したので、ネジが合わない。orz
まあ、趣味のラジコンのおかげでネジはそれなりに揃っているので、なんとかなった形ではありますが。

モノはこれ。

こちらもドスパラの移転セールで購入したので、Amazonよりはけっこう安く購入できました。

以前のものと比較するとラジエーターのサイズで1.2倍程度あり、標準でデュアルファンになっていて、そのファンも静音からOCまで対応という形で回転数の制御がスイッチで切り替えられるようになっています。

まあ、元々ファンが大量についているメインマシンなので音はあまり気にせずに最大回転数で回していますが。

そもそもドスパラの移転セールに行ったのもこれが目的で、今まで使っていた簡易水冷クーラーが3年以上使っているので、ホース類の経年劣化で水漏れとか起こすと嫌だなぁというのがずっと気に掛かっていて。
なんか適当な水冷クーラーに交換する機会を狙っていたわけなんですが。

ケースの制約もあり、余り巨大なラジエーターを使用することも出来ないので、同系列のラジエーターサイズ2倍の製品は使えませんでしたし。
#高いしね。

付け替えて一日使用していますが、ラジエーターの温度は室温+5℃程度、CPU温度も同じくらい、という感じで今まで使っていたものよりも-5℃ほど冷えている印象です。
まだ負荷は掛け切れていないのですが、以前だとMozc-UTのビルドでOC状態だと70℃近くまでCPU温度が上がっていたのですが、今回のクーラーだと50℃超えるか超えないかくらいで済んでいますので、冷却機能としては優秀なのではないかと。

まあ、この辺も日進月歩で技術が進化して、ラジエーターの体積にはそれほど差がなくても冷却するためのラジエーター構造とか、中の水溶液とかに変化があるのかも知れません。

この商品に関しては特に詳細を調べていないので、買ってから当たりだったかなぁ、などと思っている程度なわけですけれども。

前述の通り、経年劣化で水冷クーラーの破損が怖かっただけなので、別に性能が上がっていることを期待して購入したわけではありませんので。

とりあえず、常用する程度なら、期待以上の性能を発揮してくれていますね。

あとは、もう少し負荷を掛けて、長時間CPU温度が高温になっても、水温が高くならないかとか、その辺の傾向を確認しといた方がいいような気はしていますが。

動画のエンコードかねぇ、とりあえず負荷を掛けるとすると。
最近はCPUがフル稼働の状態で一時間動いてます、とかなくなりましたので、いいとこ30分くらい?
なので、そのくらいの時間、安全な温度をキープできるのであれば、あまり問題はないだろうと思っています。

あ、このクーラー、他の製品とくらべてもちょっとホースが固い気がしましたので、ケース内に余裕がない場合には、購入は要検討だと思います。

さて、んじゃこれからちょっと動画エンコードでもしてみますかねぇ。

ではまた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

SSDを交換した

仙台のドスパラが移転したということで、移転セールをやっていたので、SSDを購入してきた。
モノはこれ。

Amazonより、少しは安く購入した形になるのかな。
一応、セール品だったので。

本当はSSDよりももっと寿命が近そうな簡易水冷クーラーを狙っていたんですが、そちらは完売しておりました。
#ま、その場で注文して来ましたが。送料無料で自宅発送可能らしいので。

そんでまあ。

この手の起動ドライブの入れ替えというと、待っているのが面倒なクリーンインストールからの各種設定引き継ぎ。
もちろん、バックアップは取っているので、手間さえ考えなければ難しいことは何もないのですが。

んでも、なんか簡単な手段がないもんなのかなーと思っていたら。

ありました。(笑)

ここを参考にGNU ddrescueを使用して簡単に起動ドライブの移行が可能です。

ここの記事と違ったのは、オプションで--forceを付ける必要があったくらいかな。

基本ddなので、シーケンシャルリードとシーケンシャルライトなので、SSD向きです。(笑)
性能を遺憾なく発揮し、30分も掛からずに起動ドライブの変更が出来てしまいました。

まあ、元記事の注意点としても上げられていましたが、この方法が使えるのは、基本的に交換元のドライブより交換先のドライブの容量が多い場合になります。
同容量でも可能だとは思いますが厳密に同じじゃないとエラーになる可能性はありますね。ddだし。

この方法だと、クリーンインストールと違い、ゴミなどはそのまま残ってしまうわけですが、そういうのはOSのバージョンアップのタイミングでやればいいことですし、デュアルブートにしている場合でも対応可能なのがミソでしょうか。

これまで何度か起動ドライブの変更はやったことがありますが、こんな方法があるとは知りませんでした。

ただまあ。

この手段が使えるのは、SSDみたいに起動ドライブは起動ドライブとして一台で賄っている場合で、起動用のパーティションだけを移行したい、というような場合には使用できないわけですが。

その場合には、フリーでもそれなりの機能のツールが出ているようですので、そちらを使うのが吉ということになるでしょうかね。

古い64GBのSSDと比べると、スペック表上には大差はないのですが、TOSHIBA製SSDってことで、登場時は、他のSSDとは一線を画す性能を示していたSSDなので、少しは性能が上がればいいなぁ、とは思っています。

ただまあ。

ひとが解るレベルで変わるとは思ってもいませんけど。

HDDからSSDに変えた時ほどの激変はないでしょうね。

寿命的なことが気がかりで交換しましたが、Linuxの起動ドライブとしては容量は64GBあれば充分ですし、128GBのSSD、さて、どう使ったもんかなぁ、などと思っていたりしますが。

Windowsとデュアルブートにするには128GBでは容量的に心もとないですしね。
それやるなら256GBは欲しいところ。

ま、トラブルの元なのでデュアルブートにはしないんですけど。

久しぶりにPCを弄ったのでエントリにしてみました。(笑)

ではまたそのうちに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっと試しに書いてみる。

ココログのブログエディタ画面をChromeを使って書いてみる。
unstableだと、フォントがアレで使いにくかったんだけど、stable版だと、フォントはそれほど見難くない感じ。
まあ、小さいので、このままエディットするよりは、テキストエディタで本文作成してからコピペ&整形の方が効率がいいような感じはするけど。

ま、短い記事なら、これでも書けないことはないかな。

というわけでChromeを変更したので、試しにポスト。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっと試しに買いてみる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネトブ再生計画

前回、LMDEをインストールしたAspire Oneですが。

そのままでは、YouTubeの再生にもコマ落ちして息継ぎしながら再生していよるような始末で。(笑)
このままでは、マトモに使える、とはとても言えないぞ、ということで。
ハードウェアに追加投資しました。www
幸い、AspireOne D250には、「このカードを挿して下さい」と言わんばかりにMini-PCIeスロットがひとつ空いています。
そのため、ハードウェアh.264デコーダを導入しました。
これはLinuxでも動作実績のあるBroadcomのチップを使ったもので、本家BroadcomからもLinuxドライバが「ソースの状態で」提供されています。
そう。
提供されているのは「ドライバのソース」なのです。
カーネルに組み込むためのドライバは自分でビルドしなければなりません。
それ以外の「再生時に使用するライブラリ」とか「ファームウェア」はdebファイルで提供されているのに、肝心のドライバがdebで提供されていないのです。
これはLMDEでも、LinuxMint17でも同じでした。
#LMDEだからかと思って、LinuxMint17に差し替えてしまいました。www
とはいえ、せっかく購入したものを使えないまま放置はありえません。
一応、本家にアーカイブがあり、そのアーカイブのReadmeには、それなりに親切に手順が書いてあるのですが、その手順の通りにやっても「カーネルが新しくなっているため」手順通りに実行しても、ビルドエラーが出ます。
これ、12.04LTSとかだと、CrystalHD-dkmsという形でカーネルドライバが提供されていたのですが、いつからなくなってしまったんでしょうね・・・。
というわけでググりました。(笑)
基本は、このサイトになります。
でも、これだけだと、パッチが当たってなくて、新しいカーネルだと、#defineされているキーワードが不足るため、ビルド出来ないんですね。
さらにググります。
そうして、ここにたどり着きました。
ぶっちゃけ、この手順でそのまま通りそうな気配なんですが、先に参照したサイトで発生していた不具合を、ここのパッチで修正します。
git clone したディレクトリで、以下のコマンド。
ptcxh -p0 < devinitFix.patch
これで、新しいカーネルに起因した問題は解消します。
ところが。
実際にビルドしてみると、まだエラーが発生します。
エラーメッセージ見ると、enumが多重定義されてるからダメだぞよ、とのことなので、該当する部分を#ifndef〜#endifで括って、#include時に多重定義にならないように修正しました。
と、まあ。
まとめて書いてしまうと、非常に簡単に出来たように思えますが、ここにたどり着くまでに多くの犠牲が。
#主に時間的に。
本当はLMDEで行くはずだったのにLinuxMint17になっちゃったしな。>ネトブ
んでもまあ、なんとなく、だけどLMDEより、Ubuntuベースの方が起動速いような気がするんだけど、気のせい?
なんか違うんだっけ、Debianと。
その辺、ちゃんと押さえてなかったりしますけど。
まあ、ほとんどYouTube端末になる予定なので、次回バージョンアップ時に、完全に/homeがフォーマットされてしまっても問題ないので、これはこれでよしとするかな。
なお、LinuxMintも2回目(つーかリハーサルで仮想環境に入れたのも含めると3回目)ともなると、日本語化というかFcitxの導入にもさほど困難はなく。
インストールに時間がかかりましたが、それは主にネトブの性能のせい、ってところでもありますし。
あ、もちろん、ネトブなので、MATE版を入れています。
ファイルマネージャや、デフォルトのテキストエディタが違ってたりして、Cinnamon版とは、それなりに違うのだな、などとも思いましたけど。
まあ、MATEもアリといえばアリだけど。
Cinnamon版も試しに入れて、どっちが重いのか比較してみてもよかったかな。
N270のアンダーパワーの前にはMATE版も決して軽いとは言えないので。
一応メモリは2GB載ってるんですけどねぇ。
ま、結果として、FullHDは無理だけど、HD画質なら、ストレスなく再生可能な状態になりまして、使用者も満足しているようなので、追加投資の意味はあったのかな。
苦労も報われた、というところでしょうか。
いや、正直、ここまで手が掛かるとは思ってなかったわ。
久しぶりに全力ググりしました。(笑)
カーネル更新されたりすると、また手間がかかるんだろうな、これ。
というわけで、旧式のネトブでも、ハードウェアデコーダを搭載すれば、YouTubeくらいはどうにかなりますよ、という感じで。
本日はここまでにしとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネトブにLMDEをインストールする

およそ、5年前に、AcerのAspire Oneというネットブックを購入しました。

その時のエントリがこれ
その後、出張端末はMacBookAirに切り替わり、性能的な不満はまったくなくなったわけですが。
んで。
なんとなく、メインマシンをLinuxMintに切り替えたついでに、LMDEも試してみたいなぁ、とか。
そんなことを思っていたわけですけれども。
入れるマシンもなければ用途もないなぁ、などと考えていたところ、部屋の隅に転がっていた(というか棚の上に乗っかっていた)ネトブが目に入りまして。
以前はUbuntuインストールして使ってたんですよね、32GBのSSD購入して。
今は、そのSSDが死亡しまして、元々搭載されていた160GBのHDDが余っている状態でした。
そのHDDは、XPがプリインストール状態のまま保管されていたのですが、いまさらXPのライセンス持っていたところで(Windowsのライセンスという意味では無意味ではないけど)ムダなので、このHDDにLMDE入れてしまえばいいんじゃね?とか思ったわけで。
思い立ったが吉日、ということで、インストールしてしまいました。
んで、現在のLMDEとLinuxMintで、そんな大きく違うとこはないかなぁ、とか。
ただ、Dropboxがうまく入ってくれない。Caja-dropboxというパッケージとdropboxというパッケージはあるんですが、それを入れてもDropboxが入らないんですね。
なぜかNautilus-dropboxというパッケージをインストールするとDropboxは有効になるんですが。
ま、それはともかく。
改めて思ったのが。
Atom N280、遅い。www
まあ、普通にWebみる、くらいのことならなんなくこなしますし、以前にも書いてますが、ブログ書く、くらいのことなら問題ありません。
んでも。
YouTubeを始めとするネットの動画再生がコマ落ちしたりする。
5年前のYouTubeって、解像度も低くて、さほど困らなかったんですが、最近のYouTubeの動画ってHD画質の普通にあったりするじゃないですか。
そういうの再生するとコマ落ちする。orz
いやぁ、基本的にメインマシンはハイエンドCPUな方向で使ってるし、Windowsノートもi5だし、MacBookAirもi5なので、Atomの遅さを忘れていました。(笑)
まさかYouTubeごときに手こずるとは。
試しにChromeなんかも入れてみたのですが、大差なし。
本気でFullHD動画とか見たいなら、なんかの拡張カード追加しないとダメだろうな。
なんかヤフオクなんかで手に入るらしいし、Linux用ドライバもあるっぽいんですが。
5000円くらいで購入出来るようですが…。
実は、5年放置していたため、バッテリーが死んでいて。(笑)
死んでいたのは、後から購入した大容量バッテリーで、元々ついてたヤツは生きている可能性があったんですけど、見つからない。orz
絶対、どこかのダンボールの中にあると思うんですが。
仕方ないので、Amazonで購入。
まだ売ってるんですねぇ。
いや、まだ届いてないんですが。
並行輸入品バッテリーとか、ちと怪しげな気もしますけど。
ハード的な問題はそれくらいで。
ソフト的な運用に関しては、居間にPCがないので、なんか調べ物する時にさっと取り出して検索、くらいの使い方をしようかな、と。
iPadは寝室に置いてあるし。
#寝室にはTVに接続したデスクトップPCもある。Windows8.1端末。
通常のLinuxMintとLMDEの違いは、これからぼちぼち見ていこうかな、と。
ま、まずはバッテリー届いてから、だな。いろいろやるのは。
ACアダプタ引き回して弄くるのは面倒くさいし。
とまあ、今日はLMDE入れましたよ、くらいのところで。
あ、日本語化はフツーに検索して設定しました。
日本語入力でもたつくとかはないですね、さすがに。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

久しぶりにScribefireを使ってみる。

ブラウザのjsが高速化したため、以前のようにブラウザ上でブログ編集が困難ではなくなったため、しばらく使っていなかったScribefireですが。

ちょいと気まぐれを起こして、久しぶりにインストールして使ってみています。

 

なんで使うの辞めたんだったかなーとか考えたんですが、これ、ココログだとカテゴリの設定が出来なくなっているんですね、そういや。

それで使うの辞めてたんだった。

今は、これ、Firefox上で使っていますけど、Chromeにもあるらしいので、そちらでもためしてみますかねぇ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とりあえず設定した感じ

とりあえず、LinuxMint17の設定を完了しました。
基本的なアプリケーションはデフォルトで入ってるみたいなので、追加したものなど。
・Picasa
 いや、まさかデフォルトのリポジトリにあるとは思いませんでした。
 GoogleのPicasaです。wine組み込みで動作してるアレですね。
 個人的には、これが日別でサムネイル管理してくれるので、写真管理には一番かと思っておりまして。
 PicasaWebにアップロードもできるし。

・Comix
 ずっと使ってる電子書籍ビューアです。
 シンプルで使い易いので気に入ってますな。

・k3b
 音楽CD作成とかisoをメディアに焼くとかに使用しています。
 Braseroでいいのでは?と思われるかも知れませんが、まだBraseroのバージョンが若い頃に何度も書き込み失敗しまして。
 以来k3bが定番になってます。

・leafpad
 Windowsのメモ帳みたいなもんです。
 特に特筆する機能がない分、起動も動作も軽快です。

・Geany
 一方でこちらは多機能なテキストエディタです。
 シェルスクリプトなど書く場合にはこちらを使っていますね。

・medit
 geditとほとんど変わらないテキストエディタです。
 文章を書く際に使用しています。
 なんでgeditと使い分けているのかというと、単純にフォントの設定で。
 文章書く際には、ちょいと大きめのフォントを使いたいのですが、設定ファイル編集などの場合には、デフォルトフォントの方がよいので、別途インストールして使ってますな。

・Shutter
 画面スナップを撮る際に使用しています。
 デフォルトのスクリーンショットでも困らないといえば困らないのですが、場合によっては、画面の一部だけスナップしたいとか、アクティブなウィンドウだけスナップしたいとかありまして、高機能なスナップショットツールを入れてます。

・keepassx
 パスワード管理ツールですな。
 長いこと使ってるので、他に移行出来ない…。

・sylphyeed
 メールクライアントです。
 これも、別に他のものでもいいのですが、長いこと使っているので。
 最近は、Webメール、Gmailばかりで、ローカルでメール書く、なんてことはほとんどないのですが、Webメールだと容量一杯になると削除されてしまうので、まあ、一応ローカルにダウンロードするために。

・VirtualBox
 これはOracleのサイトから直接ダウンロードして来て入れました。
 最近、開発とかしてないので、ほとんど使わないのですがー。
 ま、いざ必要な場面になってから入れようと思うと、デカイので、予め入れておいてます。
 アップグレードの予行演習とか、試しにディストリビューション入れるとか。
 使いドコロはないでもないです。

・Mikutter
 定番です。
 一度リポジトリから入れているのは、単純に依存関係を一括でインストールするため。
 実際にはGitから持ってきたものを使ってますな。
 ※最新ではないけど。

・Chrome-unstable
 これも直接取りに行ってインストールしてます。
 他のPCも全部Chromeなので、まあ、タブの連携とかですね、けっこうラクなのでメインのWebブラウザになってしまっていますね。

・Cairo-Dock
 ランチャです。
 まあ、これも昔から使っているので、いまさら別なものに変更する気がないというか。
 見た目の動きが派手でいいんですよね。

・conky
 lm-sensorsなどで取得した情報(マシンの状態)を表示するのに使用しています。
 以前は、conkyとScreenletsを併用していたのですが。
 なんかscrennletsの開発終了したっぽいのと、意外に大量のscreenletsを使用していると見た目がいいけどメモリ食うということで、マルチモニタのそれぞれに同じ情報をconkyで表示することで代替としています。

・DropBox
 これも定番かなぁ。
 複数のPCでファイルのやり取りがあるので、自動同期は便利ということで。
 ちなみに、nemo-dropboxもちゃんと用意されているので、Nautilusと同等に使用できます。

・GNOME-Mplayer
 最後まですったもんだしたのがコレ。
 定番のSMPlayerがなぜかワタクシの環境では動作せず。
 Ubuntu13.10の頃はUMplayerを使っていたのですが、PPAを追加してもインストール出来ない。
 素のMplayer使っても良かったんですが、ソフトボリュームの設定が毎度毎度リセットされてしまうので、まあ、シンプルなコレに落ち着いたところです。
 今は、別に多機能である必要がないので、これで十分かな。

アプリケーションってところだと、こんな感じかなぁ。

思ったよりもLinuxMintにデフォルトでアプリケーションが入っているので、個人的な定番を追加するくらいになっていますね。

あとはまあ。
Cinnamonのアプレットに何を追加するか、くらいの話になるんじゃないかな、と思ってますけど。
Windows7みたいに、タスクバーにピン止めするアプレットがなんか見当たらなくなっているので、どこに行ったのかな、とか。
アレがあれば、当面困らない感じなんですけどね。
まあ、ないならないで。
標準設定でもXPっぽいだけで、困るってことはないんですけど。
さて。

今日はこんな感じかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LinuxMint17をインストールした。

かねてから宣言していた通りに、今回からUbuntuを辞め、LinuxMintに移ることにしました。
これは、別にUbuntuが重いから、とかUnityが使いにくいから、という理由ではまったくなくて、単に、UbuntuのUnityで動画再生時にワタクシの使用しているグラボだとティアリングが発生して、どうにも気持ち悪いため、DEをCinnamonに変えて使っており、それなら、デフォルトCinnamonのLinuxMintの方がいいんじゃね?という程度の理由です。

いま、こうして、LinuxMint上の環境でこれを書いていますが、13.10+Cinnamonとまったく使い勝手は変わりません。(爆)
いや、当然なんだけど。

ちなみに。
数日すれば、あちこちミラーされるようですけれども、ワタクシは、とりあえず、ここからisoイメージをダウンロードしました。

LinuxMint日本語支援サイトに記載があります。

なお、このサイトのトップにある記載、「Ubuntu を使うなら、Linux Mint の方が良いよね?」の本文に関しては、ワタクシ個人としては、まったく賛同しないものであります。
別にUbuntu重いと思ったことないし、最近のUnityは使い勝手も改善されているし。
Intel内蔵GPUを使用しているなら、別にUbuntuのままで問題なかったと思っています。
なんつーか、昔からの習慣でPCにはグラボを差す、みたいなところがあって、LinuxならNVIDIAでしょ、的なイメージでグラボを導入してるもんだから、ティアリングなんぞで苦しむはめになっているので、この辺、もう少し、Linuxらしく少ないリソース、アンダーパワーのPCだったならば、わざわざMintを選択とかしなかったかと思います。

なお、最近のIntelGPUは、Linuxで使用する程度ならば、十分なパワーを発揮するようです。
#試してませんけど。Webの記事とかでベンチマーク見る限りは。

LinuxMint自体は、以前にネトブにインストールして使ってみたことがあり、それ以来となるわけですが。
当時は、「別にUbuntuと大差ないなぁ」と思って、元に戻したような気がします。
MATEを使っても、ネトブのアンダーパワーっぷりには耐えられないというか。
ま、今時のノートPCなら、どれでも問題ないとは思いますけど。
XPの頃のノートPCだとどうなんだろうなぁ。
#持ってない。

現在、インストールが完了し、比較的よく使うアプリをインストール完了、という状態で、設定やテーマなどはこれから煮詰めていく感じですが、まあ、元々Cinnamon使っていたので、それほど問題はないというか弄ることがないかな。

これまでの13.10は、どうせMintに乗り換えるから、という理由で、KDEを試したり、他のDEを試したり、といろいろと余計なものまでインストールしていましたけど。

しばらくは、このMint17環境になるので、じっくりと取り組んでみようかなぁ、などと思っております。

なお、このブログを書き始めるまでに掛かった時間は、およそ3.5hほどですが、つまらんトラブル(無線マウスの電池切れ)とか、日本語入力可能とする際の手順ミスなどがあって、時間が掛かっただけで、インストールそのものは、1hも掛からずに完了します。

ま、この辺がLinuxのいいところというか。
最近のWindowsはインストールにやたらと時間が掛ますからねぇ。

なお、日本語化というか、日本語入力可能とする手順は、先のLinuxMint日本語支援サイトの「LinuxMintの日本語化」に記載されている手順で問題なくLinuxMint17も日本語入力可能となりました。
#ここのapt-getでMozc取ってくるところを実行してなくて(実行したつもりでいた)、「なんで日本語入力出来ないんだろうなぁ」と悩んでいたのは秘密だ。

個人的な見解としては、「Ubuntuでいんじゃね?」と思うんですが、まあ、どうしてもUnityがイヤって話なら、LinuxMintという選択もアリだろうなぁ、と思っています。

ただし。
基本的なところは、ほとんど日本語化されているので問題ないと思いますけど、「日本語入力がインストール直後には出来ない」ってのは、けっこう敷居が高いと思いますよ、正直。

Linux初心者というか初めてのひとに勧める気にはなりませんね。

まずはUbuntuで、一通りLinuxというものに触ってみてから、改めて、では、どのディストリビューションが自分に適しているのだろうか、と探る方がよいのではないかと思いますね。

軽いのがいいならXubuntuとかもあるわけで。(んでもあれLTSないんだっけか。)

まあ、今回のMint17から基本UbuntuのLTSベースとなり、リリースもどちらかというと、Ubuntuからのバックポートで17.1、17.2という感じにしていくらしいので、頻繁にインストール作業とかしたくないなら、これはこれでいいのかな。

ああ、そういや。
LMDEも一度試しておけばよかったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)